アラビアンダンスとは
アラビアンダンスとは

ベリーダンスとは近代西洋での呼び名で、中東ではアラビアンダンスと主に呼ばれています。アラビアンダンスには多くの起源があり、地中海世界、中東、アフリカと関係があるといことが最も多く挙げられています。古くはメソポタミア時代の寺院にダンサーを描いた彫刻が発見されており、また同様に紀元前1000年のエジプトやギリシャの寺院でもダンサーが描写された彫刻が発見されています。

  これらの彫刻からアラビアンダンスは古代の豊穣神崇拝に関係し、不妊治療や出産の儀式として始められたのが発祥だと考えられています。また、寺院に仕える巫女は場合によって依頼主から依頼され、女神たちを召喚するための舞踊を演じる「聖なる踊り子」でもありました。他にも紀元前0年のギリシャの書物には急速にバイブレーションをするダンサーの記述や12〜13世紀にかけてのペルシャの細密画の中にもアラビアンダンスの描写があります。このアラビアンダンスが中東以外でも知られるようになったのは、18〜19世紀に興ったオリエンタリズムによって、各国の芸術家がハーレムの生活を想像して描写した絵画や世界博覧会での披露により欧州の人々が魅了され広がっていくことになります。

 アラビアンダンスには様々な種類があり、おへそを出す踊りや、ワンピースを着て踊るものなど多様です。現在世界的に定着しているアラビアンダンスのイメージはお腹や腰、胸など激しく時に、柔らかく動かすことにより、女性の美しさを最大限に表現するダンスとなっています。女性だけではなく、男性のためのアラビアンダンスも存在します。このようにアラビアンダンスはとても多様な地域、文化から成り立っているダンスです。

アラビアンダンスとは ベリーダンスの魅力 ジャンル